【体験談】登山中に”女の遭難者”を発見。「助けてください」→ 助ける義理もないので、放置した結果…

注目
スポンサーリンク

 

遭難していた女の「助けてください」の言葉に対して「やだよ」と放置する。

 

 

 

俺=当時30歳 5年付き合ってた元カノに二股されて以来、極度の女性不信

元のカノに捨てられてから彼女なし

 

女 当時21歳 JD 黙ってれば可愛い

 

嫁父=最強

 

嫁母=温厚、優しい、タレ目が可愛い

 

元カノに捨てられてから女性関係なしで趣味の世界に没頭

カメラと登山とロードバイクにハマり1人だけどそれなりに楽しんでいた。

毎年、冬になるとテント持参で撮影に行く場所あるんだ。

 

最寄りの駐車場に車とめて徒歩1時間ほどで目的地に到着するのだが途中で挙動不審な女を発見

撮影場所で女性に会うのは珍しくないけど、そのときは冬の北海道の2月しかも夜

女はジーパンにダウンジャケットにニット帽でフラフラと歩いてた

夜なのにライトも持たず(外灯とかない場所、せいぜい月明り)この時期に軽装

元々、女と関わりたくないから無視して素通りしようと遠回りでパスすると

「助けてください」と泣きながら声かけてきた

 

お化けとか信じないけどゾッとして「やだよ」と言い足早に撮影地へ向かった

後ろ振り向いたら追いかけてくるんじゃないかと想像してビビリながら到着

テント張って飯くって落ち着いてから撮影開始

 

雪も降ってなく月も雲もなしで星空撮影には良い条件で撮影してたらこちらに向かってくる足音が聞こえる。

「他に撮影する人きたのかな?」程度に思って撮影続行

暗闇から「助けてくれないんですか?」と聞こえた気がするので声のした方向をみると

次ページへ続きます

 ↓LINEで続きを読めます↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました